小説 💪筋トレ囜語匏💪勉匷法

小説はどう読み進めればいいのか?

  å°èª¬ã‚’しっかり読めおいる人は、次に述べるこずを意識的にか無意識のうちにできおいる人ず蚀えたす。

 

 文章を読むずいう意味では、繰り返される語句・同内容の別衚珟に着目する、指瀺語や比喩衚珟を正確にずらえる、二項察立に着目するなど、評論の読解の方法ず同じですので、参考にしおみおくださいこちらにありたす)。さらに、小説を読む堎合は別の芖点・芳点が必芁ずされたす。


【小説を読む時、欠かせない芖点・芳点ずは?】

 「䞻人公や登堎人物の心情・心理、たたは、そういう気持ちになった理由に぀いおが䞻なものになりたす。
 それを、文章にある æ ¹æ‹ ã«ã‚‚ずづいお、正確に読み取る ã“ずずなりたす。
 


぀芳点

 登堎人物の心情心理を的確に読み取るには、根拠ずなる次の぀芳点に気を぀けお読むようにしたす。
① い぀
② どこで
③ 誰が
④ どうした

 



「矅生門」を四぀の芳点からずらえる

 ここでは、倚くの高1の教科曞でずられる芥川韍之介「矅生門」を䟋にしたす(本文はこちらからも)。

 この小説は、「ある日の暮れ方のこずである。䞀人の䞋人が、矅生門の䞋で雚やみを埅っおいた。」で曞き始められたす。

 ぀たり、この小説では、
① い぀   ⇒ 「ある日の暮れ方」
② どこで  ⇒ 「矅生門の䞋」
③ 誰が   ⇒ 「䞀人の䞋人」
④ どうした ⇒ 「雚やみを埅っおいた」
ず、぀が冒頭に端的に曞かれおいるわけです。『矅生門』が小説を曞くマニュアル通りに曞かれおいるずもいわれおいる所以(ゆえん)の䞀぀です。


 さらに読み進めるず、次のようにさらに詳しく曞かれおいきたす。

① い぀   ⇒ 平安時代末で、倩灜や倧火事などが打ち続き、郜は荒廃し、䞍䜜のため食べ物が欠乏しお人々は飢え苊しみ、仏も畏(おそ)れないほど人心はすさみきっおいた時代。

② どこで  ⇒ 矅生門は倧郜を南北に貫く朱雀倧路の入り口(珟代で蚀うず、東京駅や成田空枯のような堎所)にあるにもかかわらず、今は荒れ果おお人気もなく、死䜓が捚おられるような䞍気味な堎所ずなっおいる。

③ 誰が   ⇒ 「掗いざらした玺の襖」「右の頬にできた、倧きなにきび」「氞幎、䜿われおいた䞻人から、暇を出された」ず、身なりに気を䜿い、仕事熱心でたじめな人柄であり、幌幎から奉公(召し䜿われおはたらくこず)した先から「暇を出された(解雇された)」ばかりの青幎。

④ どうした ⇒ 「䜕をおいおも差し圓たり明日の暮らしをどうにかしようずしお」『手段を遞んでいるいずたはない。…「盗人になるよりほかにしかたがない。」ずいうこずを、積極的に肯定するだけの、勇気が出ずにいた』ずある。どんな仕事であっおも皌がなければ野たれ死にするしかない切矜詰たった境遇にある。そうであるのならば匷盗をするしかないずわかっおいるが、そんなふうには開き盎れない。正矩心を捚おきれないでいる。



 ここで気を぀けたいのが、小説を読んでいる çŸåœšã®è‡ªåˆ†ã‚’絶察芖しない ã“ずです。この小説で語られおいる、倩灜や倧火や飢饉や疫病に芋舞われた平安末ずいう時代ず荒廃した郜、仏眰も畏れないほどすさんだ人心、死䜓が捚おお行かれるような䞍気味な矅生門のようす、「䞋人」の芋た目やこのたたでは飢えお死ぬしかない远い詰められた境遇、瀟䌚の最底蟺でその日その日の呜を぀ないでいる老婆などを虚心に受け入れ、 è‡ªåˆ†ã‚‚その䞖界に入り蟌み物語の珟実を远䜓隓しおみる ãšã„うこずです。そのためにも正確で深い読みが必芁なのです。

 珟圚の瀟䌚や珟実をい぀でもどこでも誰にも倉わらない、圓たり前のこずずしおこの小説にあおはめお読んでも、「䞋人」ず「老婆」の心理も行動も理解䞍胜になりたす。たた、この小説が䜕を語ろうずしおいるのかも理解できないこずになるのです。

 

【心情心理を読み取る】

 この「䞋人」は倜を明かそうず矅生門の䞊の階ぞ䞊っおいき、死骞の髪の毛を抜いおいる老婆を目にするのである。特に、ここから、「䞋人」の心理を正確に読み取る必芁がありたす。

 「䞋人」は、「この雚の倜に、この矅生門の䞊で、死人の髪の毛を抜く」老婆を芋たこずから、「それだけですでに蚱すべからざる悪」ず「激しい憎悪」「反感」が燃え䞊がったこず(=心理)から老婆を懲(こ)らしめようずしお襲い掛かる。この「䞋人」の心理は、 é’幎期特有のナむヌブで衝動的か぀感傷的な正矩心 から来るものずされおいたすが、老婆の行為ず青幎の心理は ①②③④を背景にしおいる こずが分かっおくるように曞かれおいるのです。

 このように、①②③④を背景ずしお、結末の「䞋人は、はぎずった檜皮色の着物をわきにかかえお、たたたく間に急なはしごを倜の底ぞかけ䞋りた。」ずありたす。 ã©ã‚“な悪を犯したっお生き抜くのだ ! ずいう決意ず信念 を持぀ずいう結末に至る「䞋人」の心情心理ずその倉化を読み取っおいきたす。
 


【「矅生門」のテヌマは䜕か】

 小説にはテヌマがあるずいうこずを知っおおきたしょう。぀たり、ある問題が蚭定され、それぞの äœœè€…の考えや結論 が瀺唆(しさ)されおいたす。
 たずえば、䞭孊校で取り䞊げられるこずが倚い『走れメロス』では、「どんな困難であっおもあきらめないこず」や「友情の倧切さ」や「人を信じるこずの倧切さ」が瀺唆されおいるずいえたす。それがテヌマになるのです。

 「矅生門」では、平安末の極限の珟実で生きる「䞋人」ず「老婆」を蚭定しお、 《生きるこずず゚ゎむズム》の問題に解答を䞎えようずしおいる のです。その解答がテヌマずなりたす。
 ただし、倚くの小説で、䞭孊校で読んだ「小説」のように、 äººç”Ÿã®æ•™èš“や励たしのようなものを期埅しおも圓おが倖れる こずが倚く、さらに、そのような読み方が、 ãã®å°èª¬è‡ªäœ“を読み違える こずになっおしたうこずも知っおいた方がよいでしょう。この「矅生門」のテヌマを考える際も同じこずがいえたす。




【アドバむス】
 小説においおも、詊隓問題で問われおいるこずを挫然ず感芚的に読み解いおいくのではなく、 æ–‡ç« äž­ã«äžŠèš˜ã®①~④のような根拠にもずづいお解答を導き出す ã“ずが倧切です。そんな読み方ず考え方を習慣づければ、的確に読み取れ、さらに、正解を導けるようになりたす。



 最埌に、小説は詊隓問題䜜成のため曞かれおいるのではないこずは蚀うたでもありたせん。小説は楜しむものです。小説を読みながら、今ずは違う時代やここずは異なる珟実や自分ではない人物を生きたり、小説䞖界でしか䜓隓できない䜓隓をしたりしお、 æ€è€ƒã‚„感芚を芚醒されたり觊発されるこずが小説を読む楜しみの䞀぀ず蚀えるでしょう。そんな䜓隓が äººé–“や䞖界を芋る芖力・芖野をレベル・アップさせるのです。小説の詊隓問題を解き考えるのは、小説を読み楜しむスキルアップも兌ねおいるず思っお取り組めばいいのではないでしょうか。
 Let's try!



 

 「矅生門」前線 テスト問題にリンクできたす。


 「矅生門」埌線テスト問題にリンクできたす。


評論~筋トレ囜語匏勉匷法にリンクできたす。



                            【高校囜語孊習支揎サむト】向け                   


コメント