株を守る/守株(「韓非子」)もっと深くへ !

 「株を守る」「守株(しゅしゅ)」は古い習慣に固執して進展がないとか、一度味をしめたことの再現を願い、努力しないでよい結果を得ようとするなどの意味で使われます。その典拠となったのが、「韓非子(かんぴし)」の問題文となっている文章です。


韓非子(かんぴし)」とは

 戦国時代の韓非(かんぴ)の選になる書。儒家の仁義道徳による政治を批判し、法の統制によって、強固な国家を実現することを主張しました。法家の代表的な著作であり、のBC221の統一国家の(こちらを)思想的支えとなりました。


中国故事成語から学ぶ、社会人のための処世術。
悩めるサラリーマンのための、刺さる韓非子!!
(聞き流しアニメ古事成語)2021/06/28
ばびチャンチャンネル


 暴動・動乱・戦乱が常であるユーラシア東部大陸で、権謀術策(けんぼうじゅっさく。こちらを。)を説くことを職業にしていた者たちが大勢いたのは、いかにも中華らしい。現在も外交で「三戦」(こちらを)と言われる、言葉や言説による戦略戦術を巧みに使うのが中華の伝統であるようです。


「守株」の本文/書き下し文/現代語訳はこちらへ。

あらすじ

 畑を耕していた人が、切り株に衝突して死んだうさぎを手に入れた。そこでその人は農作業をやめて、切り株を見守り続けて再びうさぎを手に入れようとしたが、うさぎは二度と手に入らず、国中の笑いものとなった。昔の政治のやり方で今の時代の民を収めようとするのは、切り株を見守り続けるのと同じことだ。


「株を守る」「守株(しゅしゅ) 」

 「守株」の話は、儒家が、古代に理想的な政治をしたとされる「先王」の政(まつりごと)を遵守(じゅんしゅ)し、情況の異なる現代にも当てはめようとしようとすることを批判するものです。

 そもそも先王の政治は、人間の性質が善であるとする(性善説)前提に基づき、〈〉という人間愛を根底に据えた徳治です。一方、韓非(かんぴ)は人間の性質は本来善ではなく、自分の利益を優先し他人のことは考えようとはしないものである(性悪説)としました。したがって、によって規制しなければ統治できないとしました。〈信賞必罰(しんしょうひつばつ)〉、刑罰を厳正に行うのが、政治の基礎であるとしたのです。出発点となる人間観が真逆(まぎゃく)なのです。


 中華の人々は農業・商業を生業としてきたようですが、ここでは兎捕りで生活ができることが前提になっていて、遊牧や狩猟採集生活をしていた種族の文化浸透混交がみえる話題。


 わが国では、旧習にこだわって融通が利かない、とか、一度味をしめたことの再現を願い、努力しないでよい結果を期待するなどの意味で使われています。


 この話をもとにした、北原白秋作詞、山田耕作作曲の童謡「待ちぼうけ」は長く愛唱されてきました。中華の故事がわが国風に消化されていておもしろいとおもいます。




「守株」
の本文/書き下し文/現代語訳はこちらへ。


関連する記事です。

↓ ↓ ↓

荊軻~始皇帝暗殺(史記)こちら

鴻門の会~九死に一生を得る(史記)はこちら

韓信~劉邦を勝利に導いた、稀代の戦略家 (史記)はこちら

鴻門の会~九死に一生を得る(史記)はこちら

臥薪嘗胆~すさまじい怨恨の連鎖(十八史略)こちら

刎頸の交わり~中華の謝罪法、肉袒負荊(『十八史略』)はこちら


木曾の最期~日本人がそうふるまうのは なぜ ?(平家物語)はこちら

能登殿の最期~剛勇無双の平教経 VS. 敏捷に身をかわす源義経(平家物語)はこちら

忠度(タダノリ)の都落ち~動乱期の師弟愛(平家物語)はこちら


藤原紀香がナビゲートする「長恨歌(白氏文集)中華と日本、美女の描き方こちらへ。

郷ひろみの主演の「舞姫」(森鷗外)~救いの手を差しのべてくれた相澤謙吉は良友か?こちらへ。

樹木希林、最後の出演作 映画【日日是好日】~世の中にはすぐわかるものと、わからないものがある。こちら

映画[HOKUSAI]~浮世絵師北斎の鮮烈な生きざま、田中 泯の存在感、目が離せないこちらから。


守株 問題 へ

解答/解説

問1 a そうひと (「宋の国の人」の意味の場合習慣的にソウヒトと訓むようです。)     b こひねがふ(「こいねがう」でも。)  c なる(「なす・なる・ために」文中での働きによって読み分けられるようにしましょう。)


問2 田を耕す者有り

「有」「無」「多」「少」「難」「易」「欲」「得」「不得」「能」「不能」は頻出の返読文字。input ! 「耕」〈〉+「田」〈〉が「者」を修飾。赤字に基づいてこの一文の構造を理解しよう。)


問3 働かなくても兎が手に入る(楽に生活できる)と思ったから。


問4(1)兎復た得べからずして

  (2) (「~」は部分否定。二度とは~ない。ここでは「できない」。)

  (3) (「可~」は全部否定。また~ない。ここでは「できない」。)


問5 欲()以()先王之政()、治()当世之民(

(返り点は、各漢字の左下に小さく記します。)


問6 

守株 問題 へ


漢文とは何? へ

漢文の基本知識 へ


高校国語学習支援サイト】向け





コメント