赤い繭(安部公房)もっと深くへ! 


安部公房とは

新潮社のサイトで次のように紹介されている。

(1924-1993)東京生れ。東京大学医学部卒。1951(昭和26)年「壁」で芥川賞を受賞。1962年に発表した『砂の女』は読売文学賞を受賞したほか、フランスでは最優秀外国文学賞を受賞。その他、戯曲「友達」で谷崎潤一郎賞、『緑色のストッキング』で読売文学賞を受賞するなど、受賞多数。1973年より演劇集団「安部公房スタジオ」を結成、独自の演劇活動でも知られる。海外での評価も極めて高く、1992(平成4)年にはアメリカ芸術科学アカデミー名誉会員に。1993年急性心不全で急逝。


 前衛的で実験的超現実主義と言ってもいい作風。共産党に入党経験があり、マルクス主義が教養の一部となっている。ただし、ライナー・マリア・リルケマルティン・ハイデッガー、その他実存主義の影響を受けていると言われ、作品群の鑑賞・解釈は一筋縄に行かない面がある。ノーベル文学賞の候補者だと言われていた。




全体を要約すると 
  『「おれ」は夜になって体を休める「家」を持たないし、その理由もわからない。ある家の女にその家が「おれ」のものではないか問い詰めたが拒絶された。「公園のベンチ」を「家」代わりにしようとしても、「棍棒を持った彼」からここはみんなのものだから出て行かないと処罰するぞと追い払われた。結局、追い詰められた「おれ」が消滅することで「赤い繭」となり、それが「おれ」の「家」となったがそこで休む「おれ」はいなくなった。』

 ということになります。安部公房はこんな寓意小説を書いていました。


赤い繭 
「赤い繭」原作:安部公房 Performed on 2016/12/03

 この小説が書かれた1950年は日本が先の大戦に敗北して5年後です。この国土は米軍の機銃掃射、通常・焼夷・原子爆弾投下によって焼け野原にされ(こちらへ)、日本人にとって「住まい」を確保するのは何よりも切実なことでした。多くの人たちが「バラック小屋」で夜露をしのいでいました(こちらへ)。そういう時代背景があって、この小説のテーマに「」が題材にされていると考えられます。

 言われてみると、に象徴される物や場所の私有は先験的なものとは言えないわけです。共産主義こちらへ)はそれらを共有すべきものとするイデオロギー。「おれ」が問いかけていることとなります。私有の根拠とは何かという問いかけと言えます。

共産主義へのシンパシー
 ここでは、作者は私有の論理によって成り立っている資本主義社会への根本的問いかけをしているようです。共産主義こちらへ)論理にシンパシーを持っているようです。当時の多くの知識人、リベラリスト、そして、新聞などのメディアも共産主義とソ連(1991年に崩壊した国家で、現在ロシアとして残っている。詳しくはこちらへ。)などの社会主義国家にシンパシーを持っていました。

 「おれ」の論理とそれにもとづく行動資本主義社会に生きる私たちには非常識なものだ。けれどその私たちの論理常識は先験的で普遍的なものなのだろうかと問いかけているわけです。


秩序v.s反秩序
 作者がにおわせている共産主義・社会主義へのシンパシーに対して皮肉なことになるが、こんな秩序でできている国があると仮定します。


 《共和制とか選挙などの民主制は見せかけにすぎなくて一党で統治されている。人民の平等をうたう党名と国名を持ちながら、党ヒエラルキーの頂点に上っていくほど等比級数的に利権や収入を得ることができる。党内上層部では陰謀術数を尽くしての権力争いが繰り広げられ、それに敗れた者がもっともらしい罪状で始末される。そして党内上層の特権階級たちは海外に資金を移し、家族を先進国に移住させるなどしていつでも逃げ出せる準備をしている。党や行政のポジションは私腹を肥やす手段となっていて、世の中は口利き・賄賂は当たり前のように横行している。
 テレビの内容が当局で不都合と考えるとブラックアウトになったり、ネットも管理され当局が不都合と考えるサイトはブロックされ削除される。
 それでも数十年前不合理な政策による飢饉や政治闘争に動員されて何千万という死者を出していたのに比べれば、現在では先進国の支援を受けたりして、都市部にいる人たちは車を所有したり旅行ができるなど豊かになった人たちも多くなり隔世の感がある。
 いっぽう、農村の人々は収入も社会的保障も低いままだが、都市部に引越して戸籍を持つことは許されていない。
 こんな現実に異議を申し立てると、当局に逮捕・拘束されたり、拉致されたり、獄舎に閉じ込められたり、行方不明となったりする。世界有数の軍事費を使いながら、国民の監視・弾圧などの治安対策費のほうが多い。》


 そんな秩序で成り立っている国があったとしたら…?私たちがふつうだと思っていることをその国で発言したり行動したりすると私たちはこの小説の「おれ」となるのです。そして世界にはこのような私たちには決して許容できない支配・統治がまかり通っている多くの国・地域が存在しています。私たちの論理常識は先験的で普遍的なものではないのです。



安寧の断念
 『赤い繭』では、【「女」・「棍棒を持った彼」】v.s 【「おれ」】は、【秩序】 v.s 【反秩序】ととらえられます。結局、秩序を疑う者が秩序の中で安寧を得ようとすれば秩序を疑う思考と行動を捨てなくてはいけないこととなる。そして、主体としての行動が終わるとは時が停止し自己は消滅することを意味し、「玩具箱」のおもちゃのような(主体的に考え行動することのない)存在になるしかない…?
 別の言い方をすると、共産主義の実現を実践する限り、秩序から拒否され、秩序維持の暴力装置(棍棒を持った彼)から弾圧され、安寧を得るべくはない、そんな意思表示が語られているようです。


秩序の継続
 一方、人類が社会をなして生きている限り、その秩序の周縁に少数者・疎外される人たちを作ってしまうのは避けられない。そんな秩序を維持継続していくには少数者を尊重し被疎外者を擁護する装置が必要があり、そのため人権の尊重公正正義の実現法的平等の徹底適正な富の再分配などが現代社会では不可欠であることを忘れてはいけない。ただし、あくまでマイノリティーの尊重は公正なものでなくてはなりません。

 そして、一方、時に全く異質な秩序を目指す勢力を作って既成の秩序を転覆しようとする者たち(イスラム国、先の仮定したような国かも)もあらわれる。
 秩序v.s反秩序、解決できる日は来るのでしょうか?
 ずっしりと重ーい小説です。 【2018.10.15記】



鞄(安部公房)もっと深くへ !


😀関連する記事です😊
 ↓  ↓  ↓  
郷ひろみの主演の「舞姫」(森鷗外)~救いの手を差しのべてくれた相澤謙吉は良友か?こちらへ。

藤原紀香がナビゲートする「長恨歌(白氏文集)中華、悲劇のラブストーリー」こちらへ。

樹木希林、最後の出演作 映画【日日是好日】~世の中にはすぐわかるものと、わからないものがある。こちら

映画[HOKUSAI]~浮世絵師北斎の鮮烈な生きざま、田中 泯の存在感、目が離せないこちらから。


鞄〈カバン〉(安部公房)~自由でなければならない😕、という不自由?こちらへ。
城崎にて(志賀直哉)~生と死の境界線はどうなっているの?こちらへ。
檸檬(梶井基次郎)~みすぼらしくて美しいものを ! こちらへ。
こころ(夏目漱石)1/2 ~他人が持っているものが欲しくなる ? はこちらへ。


解答(解説)

問1 路地
(「家」に強い執着を持つ「おれ」には、そこにある道は道というより「家と家との間」にできた「裂け目」に映るということでしょう。)

問2 解答例…見知らぬ男が突然やってきて、(この家は私の家ではないのかと)異常な質問をされて不安・恐れの気持ちを抱いている。
異なる論理とそれに基づく行動の軋轢・衝突ととらえてもいい。この小説が書かれたのは1950年だけど、現在私たちが共有している論理と「おれ」のそれは異質。家に象徴される物や場所の私有は先験的なものとは言えないわけです。共産主義はそれらを共有すべきものとするイデオロギー。「おれ」が問いかけていることとなります。)


問3 解答例…「公園のベンチ」について、「おれ」はそれが「みんなのものであり、だれのものでもない」のだから、「おれ」が使用することが許されていいのではないかと考える。いっぽう、「棍棒をもった彼」は「公園のベンチ」が「みんなのもので、だれのものでもない」のだから、だれかが占有することなど許されないし、ましてや「おれ」のような存在が使用していいはずがない、と考えている。

(「ここはみんなのものであり、誰のものでもない」についての対照的な結論は何かをまとめます。「おれ」は「休む」ためにベンチを使用したことがあり、その時「棍棒をもった彼」から「ここはみんなのもので、誰のものでもない。ましてやおまえのものであろうはずがない。さあ、とっとと歩くんだ。それが嫌なら法律の門から地下室に来てもらおう。それ以外のところで足をとめれば、それがどこであろうとそれだけでおまえは罪を犯したことになるのだ。」と追い立てられた。同じ前提から異なる結論が導かれる。異質なものは拒絶され、排除され、摘発される。日本でごく普通に通用することが独裁国家の隣国では拉致され拘束され処刑されることだってあることを考えてみてください。「棍棒をもった彼」とは警官のこと、その暴力性を際立たせることを意図する言い方。)


問4 「おれ」はいまだに「家」を手に入れていないし、「家」のない理由も見つかっていないのだから、まだ首をくくって死ぬわけにはいかないのだ、ということ。

問5 「汽車の踏切とレールの間」という、普通の人でも立ち止まることが許されない場所に「おれ」がいたから。
 (「彼」は赤く光るものに興味を持った人?そこは拾うには危険な場所。あるいは見回りの鉄道員?)



参考問題

a 会釈     b 納得     c 錯覚     d 事態     e 途方


a.Q

1 解答例…突然の訪問者に対する警戒の気持ち。


2   解答例…もうこれ以上、「おれ」との会話を続けたくないという拒絶の意思。 
  (「壁」はメタファとして使われています。)

3 解答例…誰からも妨げられない家が手に入ったということ。

4 解答例…「繭の中」が「いつまても夕暮れ」であるのなら、それは「夜」という「休む」ための時間が訪れることはなく、よって「おれ」は永遠に「休む」ことができないことになる。



コメント