韓信~国史無双、劉邦の覇権を決定づけた戦略家 (史記)もっと深くへ !



 
 漢(かんしん)はChainaの秦末から前漢初期にかけて(今から2200年ほど前)の武将。漢王朝をひらいた劉邦(りゅうほう)のもとで数々の戦いに勝利し、劉邦の覇権を決定づけた人です。張良蕭何(しょうか)と共に漢の三傑といわれた一人。『史記』の淮陰侯(わいんこう)列伝で伝えられています。


『史記』とは

 前漢の司馬遷によって書かれた史伝。紀元前90ころ成立。

 宮廷に保存されていた資料や古くから伝わる文献や司馬遷自身が各地の古老から聞き取った話などをもとにして書かれたとされています。

 帝王の記録である本紀(ほんぎ)、著名な個人の記録である列伝などから構成される紀伝体(きでんたい)と呼ばれるもので、司馬遷が創始した形式です。以降各王朝の正史の形式となりました。

 『史記』の最大の特色は、単なる事実の集積ではなく、個人の生き方を凝視した人間中心の歴史書であるという点にあります。歴代の治乱興亡の厳しい現実の中を生きた多くの個性的な人々の躍動感あふれる描写と場面転換のおもしろさなどから、文学作品としてもながく読まれてきています。

 今から2000年以上前、これほどの史書が書かれていたことに驚かされます。その頃はわが国は弥生時代であり、また、万葉仮名で書かれた我が国初めての歌集『万葉集』の編纂が完成する約850年も前に書かれたことになります。


韓信とは

 韓信(かんしん)は劉邦(りゅうほう)に仕えて大将軍(総指揮官)となり、楚漢の抗争で勝敗を決定する重要な役割をはたした武将です。卓越した作戦能力を持ち、戦えば常に勝利をおさめ、『国士無双(=比べられる者がいないほど優れた者)』と呼ばれるにふさわしい人物でした。

 しかし劉邦が天下を統一して漢の皇帝となってからは、その能力と領土の大きさから警戒されるようになり、最後は謀反(むほん)を企てるものの、失敗して処刑されてしまいました。漢族に人気の歴史上の人物のです。

 HP「韓信1/2」(こちらへ)は、その韓信の若いころのエピソードが語られている箇所です。韓信は若いころから貧乏で人に寄食していたが、待遇が悪いと怒って飛び出すような自尊心の強い人だったとされています。また、木綿を晒(さら)している貧しいおかみさんの世話になっていた時、おかみさんに、そのうちたっぷりお礼をするよと言って、甲斐性なしが何を言っているのだとバカにされたり、町のならず者に言いがかりをつけられてその股をくぐり笑いものになった(「韓信の股くぐりこちらへ)」と言われています。)など、若い頃から自尊心が強く、高い野心を持ち、愚かな争いはしないというような人物として司馬遷は語っています。

「韓信1」の原文/書き下し文/現代語訳はこちらへ。


 後にHP「韓信2/2」(こちらへ)で、 劉邦蕭何(しょうか)の推薦を受けて無名の韓信を抜擢して大将軍(最高司令官)の地位を与えました。韓信劉邦に敵項羽攻略の戦略を授けました。こうして劉邦項羽との戦争で勝利するために重要な役割を果たすこととなります。

「韓信2」のあらすじ/原文/書き下し文/現代語訳はこちらへ。


音声は1:50後から

  ↓ ↓ ↓

項羽と劉邦 King's War 第49話 韓信大将軍
2021/02/04
『項羽と劉邦 King's War』は、2012年の中国のテレビドラマ。総制作費35億円。全80話。


関連する記事です。

↓ ↓ ↓

臥薪嘗胆~すさまじい怨恨の連鎖(『十八史略』)はこちら

荊軻~始皇帝暗殺(史記)はこちら

鴻門の会~九死に一生を得る(史記)はこちら

刎頸の交わり~中華の謝罪法、肉袒負荊(『十八史略』)はこちら


木曾の最期(平家物語)~日本人がそうふるまうのは なぜ ?はこちら

能登殿の最期(平家物語)~剛勇無双の平教経 VS. 敏捷に身をかわす源義経はこちら

忠度(タダノリ)の都落ち(平家物語)~動乱期の師弟愛はこちら


藤原紀香がナビゲートする「長恨歌(白氏文集)中華と日本、美女の描き方こちらへ。

郷ひろみの主演の「舞姫」(森鷗外)~救いの手を差しのべてくれた相澤謙吉は良友か?こちらへ。

樹木希林、最後の出演作 映画【日日是好日】~世の中にはすぐわかるものと、わからないものがある。こちら

映画[HOKUSAI]~浮世絵師北斎の鮮烈な生きざま、田中 泯の存在感、目が離せないこちらから。



韓信(史記)1 問題へ

解答(解説)

問1(1)①たりし  ②なること  ③ために  ⑤なす

  (2)④一人前の男

( ←「丈夫」は成人男子、才能が人より優れた立派な人の意。ここでは、「いい若いもん」のニュアンス。)

問2 A亭長の妻が(韓信の面倒を見ることを)苦痛に思うようになり,朝早くご飯を炊くと腹いっぱい食べてしまったこと。

( ←直前の「亭長妻患之,乃晨炊蓐食」、直後の「食時信往,不為具食」に着目します。亭長の妻は韓信を怠け者の上ずうずうし過ぎると思い、嫌気がさした。言い換えると、韓信が食事のころあいに行っても、その支度がしていなかったことになる。韓信は自尊心が傷つけられ亭長の家を出て行く、と言うことになります。「蓐食」は「蓐」を蒲団と解し、寝床の中で食べると解釈する人もいるようです。)

問3 (1)豈に報いを望まんや (2)どうしてお返しなど期待しましょう(お返しの期待などしていません)

( ←「豈ニ~ンヤ」の反語の句法。反語は、「何」「安」「誰」「幾」「如何」「豈」などの漢字を使ったり、「…ンヤ」と訓読して反語と捉えたりします。)

問4 若は長大にして好みて刀剣を帶ぶと雖も、中情は怯なるのみ

( ←「」は二人称代名詞(なんぢ)、「」は「~ト雖(いへど)モ」と返読する仮定形の句法、「好」は「好みて」と訓読し「帶刀劍」を修飾、「帶刀劍」は「帶」と「刀劍」が述語・目的語の関係、「中情怯」は「中情」と「怯」は主語・述語の関係、「」はノミと読む強調の助字ととらえていく。訓読する時ひらがなにするもの(助詞・助動詞に当たる語など)にも注意しましょう。「大きな図体をして、いつも刀剣をぶらさげて(いきがって)いるが、本当は臆病者に決まっている。」の意ととらえられる。)

問5 【解答例】地道に努力して生活を築いていくというのではなく、そのうちどでかいことをやりとげようと野望を抱き、そんな自分を理解してくれない人とは絶交するような高い自尊心の持ち主である。また、掛けられた恩情には心から感謝して、人生意気に感じる義侠心の持ち主でもある。さらに、将来に大志を抱いているので一時の屈辱にはよく耐えるような人物でもある。(152字)

(←最初の亭長の家での出来事、次の「漂母」とのやりとり、さらに、「韓信の股くぐり」として語り継がれることになる話題で、司馬遷が何を語ろうとしているのか考えてみます。

 韓信は、劉邦が項羽との抗争に勝利し中国皇帝となるのに多大な貢献をなしたが、晩年はその劉邦から疑惑を持たれ、ついには謀反を企て斬られて殺されてしまう。今からおよそ2100年前、劉邦が築いた漢王朝に仕える天才的歴史家(司馬遷)が、韓信という特異な人物の生い立ちを描き出しているのです。日本人とは違った古代中華独特の発想や人間観や話の組み立て方を楽しむこともできます。)

韓信(史記)1 問題へ


韓信(史記)2 問題へ

問1①国中で二人といない立派な人(「国士」とは、一国の中で優れた人物の意。「無雙」は、並ぶ者がいないこと。)

  ②ゆゑん いずれぞや ⑦おもへらく

(⑦は「もつて~なす」とも訓む。)

問2 ④匹夫  ⑤婦人 ⑥百姓

(「匹夫」とは、教養のない男の意。「匹夫之勇」は、思慮分別がなく、単に血気にはやる勇気のこと。「百姓」は、漢文(中華)では人民の意。)

問3(1)左右の手を失ふがごとし

  (2)頼りとする優秀な側近を失い、途方にくれること。

問4 B必ず天下を爭はんと欲せば,信に非ずんば與に事を計る所の者無し

   C安んぞ能く鬱鬱として久しく此に居らんや

   D用ふる能はずんば

   E忍んで予ふる能はず

   F義兵を以て東に歸るを思ふの士を從ふれば,何の散ぜざる所あらん

   G當に關中に王たるべく

問5 1 人々を恐れさせる強い性格だが、仕事を部下に任せきれない点。

   2 とてもやさしくふるまうが、実は、いざ功績を挙げた者に封爵を与えることになるとしぶってしまうけちな点。

   3 義帝との約束を破りお気に入りの将を王にするなど、平気で道義を無視し不公平にふるまう点。

   4 敗者には徹底して残酷である点。

   5 秦の人民から憎まれている三人の将を、それぞれ王にするなど、民意を全く理解しないで振舞う点。

韓信(史記)2 問題へ


漢文とは何? へ

漢文の基本知識 へ


高校国語学習支援サイト】向け



コメント