九月二十日のころ(徒然草) もっと深くへ !

 『徒然草』とは

 兼好法師によって鎌倉時代終わりころに書かれた枕草子』(清少納言)・『方丈記』(鴨長明)と併せて日本三大随筆と言われている

 自然、社会、人間のありように対する思いを述べた随筆で、さまざまな角度から斬新(ざんしん)な感覚で切り込んだ作品。王朝文化へのあこがれ有職故実(ユウソクコジツ。礼式・官職・制度などの由来など)に関する心構え、処世訓自然美の新しい見方など、素材・対象は多彩を極めている。

 仏教的無常観・老荘的虚無思想・儒教的倫理観が基盤にあるとされ、また、作者兼好法師和歌四天王の一人に数えらたように、美的感受性にも優れている。


  奥ゆかしさ、て何 ?

 秋の終わりのころ、しのび妻(こちらを)を訪問する高貴な人を描き、兼好は、この男女双方に心からの共感を感じて、筆をとったようです。
 

  しのび妻(こちらを)との逢瀬も、シチュエーションに応じよき程を心得、相手の女性のわざとならぬ薫物(たきもの。こちらを)のかおりや別れに名残を惜しむ姿に、兼好は感心する。奥ゆかしい人(優なる人)とは、すべてこのような日常朝夕の心遣いが身に付き、一挙一動となっている人。

 



 「奥ゆかしい」という言葉の解説として『実用日本語表現辞典』では次のように解説されてています。

 奥ゆかしいとは、表面に現れない深い部分に美しさや趣がある様子を表す言葉である。この言葉は、一見すると分かりにくいが、じっくりと観察することで見えてくる内面の美しさや、控えめながらも存在感を放つ態度を指す。奥ゆかしいとは、派手さや目立つことを避け、内面の豊かさや繊細さを大切にする姿勢を示す。例えば、日本の伝統的な美意識や、和食の繊細な味わい、日本庭園の落ち着いた風情などは、奥ゆかしいと表現されることが多い。また、人の性格や行動に対しても使われ、控えめでありながらも深い思いやりや理解力を持つ人を指すこともある。


 『源氏物語』の光源氏と夕顔の一夜とは趣が異なる。観月も、中秋の月ではなく晩秋の欠け始めた月、しのび妻とのひと時の逢瀬など、ここで語られているすべてが、典型や殊更な作為〈=中心〉から距離をおいて、作為的な無作為ともいえるもの〈=周縁〉に価値を見出そうとする、中世的な美意識にかなっているとも言えるでしょう。そして、これは現代の我々の意識や挙止動作(きょしどうさ)に深いところで影響を与えていると考えてもいいと思います。
  

  簡潔な表現が強いイメージ喚起力を持っていて、「★佳人薄命(かじんはくめい)」譚(たん)にもなっており、武者小路実篤(こちらを)は、この段を「一遍の詩であり、美しい短編小説とも言える」と評しています。

   ★ 「佳人」とは、容姿の美しい女性のこと、または、品格や知性のある女性のこと。「薄命」とは、短命なこと、または、運命に恵まれないこと。





あなたの「心の疲労」を癒す方法とは?
 徒然草|兼好法師

九月二十日のころ 問題 へ

九月二十日のころ 問題解答(解説)

問1 (1)ながつき
   (2)
   (3)(「上弦の月」は7・8日ころ、「下弦の月」は22・23日ころの月。)

問2 「ある人」が従者に(自分が訪問したことの)取次ぎを申し入れさせた。(ほかにもいろいろ解釈の可能性がある。これが自然か。)

問3 (1)(客を送り出してそのまま)すぐに掛け金を掛けて中へ引きこもってしまたならば、残念であっただろう(に)。

   (2)(客を送り出してそのまま)すぐに掛け金を掛けて中へ引きこもってしまわず、月を眺めつつ名残を惜しんでいた姿に感心してしまった。(「ましかば…まし」の反実仮想の用法です。この用法名も出題されます。(1)の仮定に基づく推定と(2)の事実を理解しておきましょう。)

問4 過去の助動詞「き」の連体形。体言止めに準ずる感動表現となる。(上に係助詞を受けない終止法になってる。この用法、連体形止めという。)

a.Q

 ① 1.特に手入れをしていない雑草の茂っている庭に、ことさらに焚いたわけではない香(こう)の匂いがしっとりと薫っていたこと。

   2.客を送った女主人が、すぐに部屋に入って妻戸をしめてしまわないで、しばらく月を眺めていたこと。

 ② ある人の知り合いの女性

 ③ 「けり」は伝聞の過去、亡くなったということを聞き知ったことになり、「し」は(「き」の連体形で)直接経験の過去、死の噂を直接聞いたことになる。

💚💚💚こちらも、おすすめデス💖💖💖
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
小式部内侍「大江山いくのの道の」~才媛の娘は才媛?(古今著聞集)こちら

帰京(土佐日記)~無責任な隣人😖 & 亡き娘😭 はこちら

雪のいと降りたるを(枕草子)~「少納言よ、香炉峰の雪、いかならむ。」こちら

光源氏の誕生(源氏物語)~四代の帝、七十四年間、登場人物五百人の物語のはじまりこちら

檸檬(梶井基次郎)~みすぼらしくて美しいものを ! こちら

鞄(かばん)(安部公房)~自由でなければならない😕、という不自由?こちら

こころ(夏目漱石)1/2~他人が持っているものをほしくなる?こちら

羅生門(芥川龍之介)~情緒・感覚から合理・理性へこちら

山月記(中島敦)~虎になってしまった男こちら

城の崎にて(志賀直哉)~生と死の境界線はどうなっているの?こちら

舞姫(森鷗外)~救いの手を差しのべてくれた相澤謙吉は良友か?こちら

ビュー花は盛りに(徒然草)~新しい美意識、わび・さびへこちら

エッセー「になります」~ちかごろ気になる言い方こちら

レビュー👩平安女流👩~世界史上特筆される存在 ! こちら

レビュー木曾の最期(平家物語)~日本人がそうふるまうのは なぜ ? こちら

レビュー「楊貴妃=長恨歌(白氏文集)」~中華と日本、美女の描き方こちら

エッセーお豆の煮方 how to boil beans in Japan.こちら

パフォーマンス「東京人形夜~Life is beautiful」を観たこちら

映画「HOKUSAI」~浮世絵師葛飾北斎の鮮烈な生きざま、田中 泯の存在感、目が離せないこちら

パフォーマンス「すこやかクラブ~パラダイスの朝に」こちら

映画「日日是好日」~樹木希林、最後の出演作、世の中にはすぐわかるものと、わからないものがあるこちら

ドラマ「ごちそうさん ! 」~食べ物についてこちら

臥薪嘗胆~すさまじい怨恨の連鎖(十八史略)こちら

荊軻~始皇帝暗殺(史記)こちら

韓信~国史無双、劉邦の覇権を決定づけた戦略家 (史記)こちら

鴻門の会~九死に一生を得る(史記)こちら

項王の最期~天の我を亡ぼすにして(史記)こちら







コメント