町小路の女/うつろひたる菊(蜻蛉日記)もっと深くへ !  & 解答(解説)


要約すると

 夫がよその女にあてた手紙を見つけて疑ったが、やはり女の元へ通っていることがわかった。その後、私を訪ねてきた時に門を開けないでいると、その女のところへ行ってしまった。歌を詠んで送ったところ、無神経な手紙と歌が贈られてきて、本当に不愉快きわまりない。


作者はどんな人か

 女性には、現代のように正規の姓名がつけられなかった。清少納言も紫式部も姓名ではなく、通称です。『蜻蛉日記』の作者は、藤原道綱の母親だったので藤原道綱母(ふじわらのみちつなのはは)とよばれている。

 父親は地方官を歴任した、中流階級の娘。少女時代、和歌の素養、漢詩文の知識、琴・絵画・裁縫の技芸を培ったという。


夫の藤原道兼はどんな人か

 時の右大臣師輔の三男。藤原北流の嫡流、トップ階級の貴族。作者と結婚する前に藤原中正の娘時姫という正妻がいて、道隆・道兼・道長・超子・詮子らを産み、将来男子は摂関家の後継に、女子は入内して女御となるなどして藤原摂関政治の隆盛期を支えることとなった。


どういう夫婦関係か

 平安貴族の結婚の形は現代の私たちとはとはまったく異なる招婿婚(しょうせいこん)。一夫多妻制で正妻は一人。

 道兼には妻が十人ほどいたらしい。作者は道綱を産むが、道兼との不和がもとでこころ安まる日々はないようであった。当時の一夫多妻のあり方や身分差を考えれば、二人の夫婦関係はむしろよいものであったといえる。しかし、作者は道兼の愛情を一途に求めようとしたところに作者の苦悩が続いたといえよう。


どんな贈答歌となるのか

 嘘を言って新しくできた妻(町小路の女)のところに行った道兼が、二・三日後の夜明け前頃に門をたたくが開けさせないでいると、またその妻のところへ戻っていた。翌朝、このままではおけないと、色あせた菊に添えてつけた歌。

  嘆きつつひとり寝る夜のあくる間はいかに久しきものとかは知る

 その歌への道兼の返歌。

   げにやげに冬の夜ならぬまきの戸も遅くあくるはわびしかりけり
                       (現代語訳はこちらへ)

 作者は、「あくる」という掛詞を使い、〈嘆きながらひとり寝をする夜が明けるまでの間は、どんなにつらいものか、あなたはお分かりにならないでしょうね。〉と、道兼がさっさと新しい妻の元へ行ってしまったことを非難する。
 それに対して、道兼の歌は、作者の嘆きを慰めるようなものではなく、戸を開けてもらえなかった冷淡さを嘆く、作者にとって無神経なものだった。

 中流貴族の娘が、正妻もいる権勢家と結婚したのだから、複数の女性との関係は予想すべきであった。しかし、作者は道兼の愛情を一途に求める。


表現史上の位置
 「蜻蛉日記」は、女性が書いた最初の本格的な日記文学。内面に生起し起伏する名付けようのないものを言葉によって形象化して、内面世界を構築していこうとしたともいえよう。
 女性の内面の懊悩、その屈折してアンビバレントな心理のひだを、これほど緻密に描いた作品は現存するものでは、「蜻蛉日記」を嚆矢します。この作品の成立なしには「源氏物語」は書かれることはなかったともいわれています。表現史・文学史上も重要な作品です。



 超訳マンガ百人一首物語第五十三首(右大将道綱母)2020/12/04



                  

解答例(解説)

問1 a…ラ行四段動詞「やる」の未然形活用語尾「ら」に、意志の助動詞「む」の終止形「む」が続いたもの。 b…現在推量の助動詞「らむ」の連体形(「や」の結びとなっている。)

問2 cかんなづき(「かみなしづき」も可。)、d翌朝(朝の早い時分をいう。文脈によって、早朝または翌朝の意。)

問3 解答例…(兼家が)ほかの女のもとに送ろうとした手紙を、せめて確かに見ましたよとだけでも悟らせようと思って

問4 
   (1)さ=副詞 / な=断定の助動詞「なり」の連体形「なる」の撥音便「なん」で、撥音の無表記 / めり=推定の助動詞「めり」の終止形
   (2)兼家

問5 「あくる」が、夜が明けるの意と、戸を開けるの意の掛詞。

問6 それにしても、まったく不審に思うくらいしらばっくれているとは

  (「さても」はソレニシテモの意の接続詞。「あやしかり」は形容詞「あやし」の用、不思議ダ・奇妙ダの意。「ことなしび」はバ行下二の動詞「ことなしぶ」の用、なにげないふりをする・そ知らぬふりをするの意。「たり」は存続の助動詞「たり」の連体形、ここでは、連体形止め=詠嘆表現。)

問7 平安時代・藤原道綱母・更級日記

a.Q

advanced Q.1  解答例…兼家の浮気を今までは面と向かって責めたりしなかったが、今回は歌で強く責めようと、書き方もいつもより改まって書くことで効果を強めようとする気持ち。

advanced Q.2  解答例…自分のわびしさを主張して、作者の嘆きには素知らぬふりをしていること。兼家の心変わりを嘆く作者の歌に対して、兼家が軽くあしらうような返歌をしてきたこと。



                            高校国語学習支援サイト】向け

コメント