芥川(伊勢物語)もっと深くへ ! & 解答(解説)

 【伊勢物語への道】

 現在、私たちが小説や評論とよんでいるものが、昔から存在していたわけではない事情は、『かぐや姫のおいたち(竹取物語) もっと深くへ! 』で少し詳しく書きました。


 平安時代の初期(1200年ほど前)に、漢字を元にしてひらがな・カタカナが発明され、そうして初めて、私たちが日常使っている言葉で、心情表現や情景描写ができるようになっていったのです。このようにして、かな文字で書かれる物語という新しい文学に発展していきました。

 文学史的には、こうして、架空の人物や事件を題材にした〈作り物語(「竹取物語」など)と、歌の詠まれた背景についての話を文字化した〈歌物語(「伊勢物語」など)の二つが成立したとされています。


 「伊勢物語」は現在残っている最古の歌物語です。初期の日本語散文らしさを感じさせる、飾り気がなく初々しく抒情的な文章で書かれています。

 初め在原業平の家集を母体として原型ができ、その後増補を重ねて、今日の形になったようです。

 在原業平になぞえられる主人公「昔男(むかしおとこ)」の生涯が、一代記風にまとめられています。高貴な出自で、容貌美しく、色好みの評判高く、歌の才能に恵まれた人物の元服から死までのエピソード集。ただし、業平とは考えられない男性が主人公の場合もあります。

【はげしい恋路の結末】




 誰もが暗黙のうちに后がねの姫君と知っている姫君を、何年も口説き続けていた男は、やっとのことで盗み出して、夜中に逃げてきた。女と引き換えに他のすべてを捨てる覚悟をした男の行動であった。追手につかまらないように必死に逃げてゆく。

 川辺の草の上に一面に結んだ露がキラキラ光るのを女は見て、「あれは何?」と尋ねる。あんまりにのんきなことだが、彼女はこんな闇夜には外に出たことはないのだろう。見るものすべてが珍しくてならないのである。しかし先を急ぐ男には女の質問に答える余裕などない。夜はふけるし空模様も怪しい。やがて、雷鳴がとどろき、はげしく雨も降りだす。がらんとした蔵に、気の進まない女をなだめすかして押し入れ、男は戸口に控え、はやく夜が明けてほしいと思っているうちに、「あー ! 」という声とともに鬼が女を一口に食べてしまった。



 女は姿を消してしまったのだ。しかし、実は、女は心変わりをして蔵から出て行ってしまったのか?路上で泣いている女を見つけ兄国経が連れ戻したという。

 翌朝、もぬけの殻の倉の奥を見た男はすべてを悟った。

   白玉か何ぞと人の問ひし時露と答へて消えなましものを

 あの光るのは、「白玉ですか。何ですか」とあの人が尋ねた時に、あれは(はかない)露ですと答えて、(私も露のように)消えてしまえばよかったのに


深く愛した女を得た高揚感から一気に絶望の淵に突き落とされた男。やり場のない激しい悔恨に地団太を踏んで泣かずにはいられなかった。

 素朴で激しく飾り気のない語り口である。



芥川 問題へ

芥川 解答(解説)

問1
  (1)人の ← (結末「白玉か」の歌で使われています。「人」が「問ひし」の主語になっていることを示すもの。ガと言い換えられる)
  (2)女の ← (初めから2文目「女の…」で使われています。「女」と「え得まじかりける」が同じ資格で助詞「を」に続くことを示すもの。デ、デアッテと訳せる。)
(格助詞「」と「」には、主格・連体修飾格・同格・準体格・比喩の文法的意味がある。未消化の人、文法テキストを開いてインプット!)

問2 何年にもわたって求婚し続けていたのだが 

(「年を経て」は、何年も経過して、の意。「経〈ふ〉」は文法的に説明できるように。「よばふ」は、「言い寄る・求婚する」の意。[わたる」は補助動詞的に使われて、時間的には「…続ける」、空間的には「一面に…」の意。「を」は接続助詞、単純接続の用法)

問3 解答例…副助詞で、「行く手の道のりも遠く、夜もすっかり更けたこと」に、「雷がひどく鳴り、雨も激しく降ってきたこと」を添加する用法で、「…までも」と口語訳される。【76字】
(内容的には、切羽詰ってあばら家に駆け込む行動を必然化するのに効果的な表現となっている 。添加の「さえ」は、「Aだけではなく、Bまでも」とAにBを添え加える用法です。Aに当たるものが省略されることが多く、そのケースがよく出題されます。)

問4 ① はやく夜も明けてほしい 

(「はや」は、すみやかに・早くの意の副詞。「なむ」は、終助詞で他への願望〈「誂え」と言う人もいる〉の用法。…シテホシイ・シテモライタイと訳せる。活用語の未然形に接続することをインプット!ここでは、結果的に「明け」が未然形であると分かります。)

   ②  3  6  7
(1…文末「侍る」が連体形。係助詞「なむ」の結びになっているととらえる。  2…「いなむ」でとらえる。【ナ変動詞「往ぬ」の未然形「いな」、「な」はその活用語尾ということになる。】+【意志の助動詞「む」】。  4…「なむ」は係助詞、「となむ」で結び「言ふ」「聞く」が省略されることがある。  5…「なり」は、四段動詞「成る」の連用形。連用形に接続する「なむ」は、【強意の助動詞「ぬ」の未然形】+【推量の助動詞「む」終止形】。)  8…「暮れ」はラ行下二段の動詞の未然形か連用形。接続からは判別不可。「(今にも)暮れようとする」→【強意の助動詞「ぬ」の未然形】+【推量の助動詞「む」終止形】か、「暮れてほしい」→【終助詞 他への願望・誂え】というようにどちらが文意にかなうかで判断する。この例文は前者になり、「暮れ」は連用形で使用されていることとわかる。
  3…「知ら」は四段動詞の未然形。未然形に接続する「なむ」は終助詞で他への願望(「誂え」という人もいる)の用法。「知らなむ」は、知ってほしいという意味になる。  6…「ざら」は打消しの助動詞「ず」の未然形。未然形に接続する「なむ」は終助詞で他への願望(誂え)の用法。「思はざらなむ」は、思わないでほしいの意味になる。  7…「寄せ」はサ行下ニ動詞の未然形か連用形。接続からは判別不可。「(きっと)寄せるだろう」→【強意の助動詞「ぬ」の未然形】+【推量の助動詞「む」終止形】か、それとも「寄せてほしい」→【終助詞 他への願望・誂え】かというようにどちらが文意にかなうかで判断する。この例文は後者になり、「寄せ」は未然形で使用されていることとわかる。一首全体の意味は、〈寄せ来る波よ、(忘れ貝を)この岸辺に打ち寄せてほしい、恋しく思う人を忘れさせてくれるというその忘れ貝を(岸辺に)降りて拾おう(と思うので)〉となる。この7は難しいが、このパターンが出題されるのでしっかり理解してね。「なむ」は入試で頻出題!)

問5 
(雷鳴のため「女」の悲鳴を聞きつけることができなかった、という文脈。「」は後の打消しの語に呼応して〈…シヨウトシテモ〉デキナイという意味。本文の2文目にあります。呼応の副詞は、「いかに」「いかで」「え」「な」「つゆ」「ゆめ」など、文法テキストを開いてもう一度インプット!)

a.Q 解答例

1.解答例…邸外の、一面にきらめく夜の露を見ることなど初めて体験するような、深窓(しんそう)で大切に育てられた姫君。

2.解答例…(「女」の無垢な美しさを顧みるとともに、)わが身も「女」と一緒に消えてしまえばよかったのにと悲嘆し、後悔する心情。



コメント