初冠(伊勢物語) もっと深くへ ! & 解答(解説)

「伊勢物語」への道

 現在、私たちが小説や評論とよんでいるものが、昔から存在していたわけではない事情は、『かぐや姫のおいたち(竹取物語) もっと深くへ! 』で少し詳しく書きました。


 平安時代の初期(1200年ほど前)に、漢字を元にしてひらがな・カタカナが発明され、そうして初めて、私たちが日常使っている言葉で、心情表現や情景描写の文字表現ができるようになっていったのです。このようにして、かな文字で書かれる物語という新しい文学に発展していきました。

 文学史的には、こうして、架空の人物や事件を題材にした〈作り物語(「竹取物語」など)と、歌の詠まれた背景についての話を文字化した〈歌物語伊勢物語)の二つが成立したとされています。



 「伊勢物語」は現在残っている最古の歌物語です。初期の日本語散文らしさを感じさせる、飾り気がなく初々しく抒情的な文章で書かれています。

 初め在原業平の家集を母体として原型ができ、その後増補を重ねて、今日の形になったようです。

 在原業平になぞえられる主人公「昔男(むかしおとこ)」の生涯が、一代記風にまとめられています。高貴な出自で、容貌美しく、色好みの評判高く、歌の才能に恵まれた人物の元服から死までのエピソード集。ただし、業平とは考えられない男性が主人公の段もあります。


伊勢物語「初冠」朗読|原文・現代語訳
2020/08/04


元服したての雅(みやび)の行為

「昔男」のそんな〈色好み〉の人生の出発として、元服(初冠)直後の美しい姉妹への行為が物語の冒頭としておかれていると考えられます。

 男は、ひっそりと静かな春日の里で、思いがけず、若く美しい姉妹をかいま見る。激しく心を動かされた男は、すぐに着ていた信夫摺(しのぶずり)の狩衣(かりぎぬ)の裾(すそ)を切り取り、それに歌を書いて贈る。まだあどけない少年の面影を残しながら、即座にませたしゃれた和歌を詠んで美しい姉妹の心を惹こうとする。

 地名(春日野)・景物(春日野の若い紫草)・着物(春日野の若い紫草で染めたこの狩衣のしのぶずりの乱れ模様)を詠みこみ、その上、序詞(「しのぶの乱れ」を導く「春日野の若紫のすり衣」)掛詞(「しのぶ」は〈しのぶずり〉と〈(恋を)しのぶ〉の、「乱れ」は〈心〉と〈狩衣〉)仕立ての、当意即妙で秀逸、いかにも風雅な歌であった。

 

 男の初恋を語り終えた作者は、最後に「いちはやきみやび」だと称賛する。「伊勢物語」はこの〈みやび〉の心が形に現れた姿を物語にしたものだと言われています。〈みやび〉とは、都会風に洗練され、上品で優雅な動作や状態を言うもので、平安貴族の理想でもあったようです。


超訳マンガ百人一首物語第十七首(在原業平朝臣)2020/11/09

 


初冠 問題  へ

解答例(解説)

問1①ういこうぶり(「ういかぶり・ういかむり・ういこうむり」とも読みます。男子の成人式、12から16歳にかけて行われていた。元服のこと。)
  ② 裳着(モギと読みます。)

問2 思いがけず、(さびれた)旧都にいかにも不似合いなさまで住んでいたので(「ふるさと」「はしたなし」は現代語とは意味が異なり頻出する重要古語。、「ければ」は確定条件であることに注意してください。魅力的な女性は都にいるものという常識・思い込み・前提が裏切られ、いっそう心が掻き立てられたと読み取れます。)

問3 「しのぶ」が布の染色の一種「忍ぶ摺り」の「忍ぶ」と、「恋い慕う」という意味の「偲ぶ」の両意に掛けられている。(「しのぶの乱れ」が「しのぶずりの乱れ模様」と「恋いしのび乱れる心」との掛詞。)

a.Q 解答例(解説)

(1)・場面にふさわしい古歌を踏まえた歌を送ったこと。(23字)      

   ・歌を送る際の手段が気が利いていたこと。(19字)

   ・時をおかず機敏に歌を送ったこと。(16字)

(2)「みやび」の心が衰えてしまった現状を残念だ思う〈思い〉。


参考 筒井筒(伊勢物語)


高校国語学習支援サイト】向け



コメント