棒(安部公房)もっと深くへ !

 安部公房とは

新潮社のサイトで次のように紹介されています。


(1924-1993)東京生れ。東京大学医学部卒。1951(昭和26)年「壁」で芥川賞を受賞。1962年に発表した『砂の女』は読売文学賞を受賞したほか、フランスでは最優秀外国文学賞を受賞。その他、戯曲「友達」で谷崎潤一郎賞、『緑色のストッキング』で読売文学賞を受賞するなど、受賞多数。1973年より演劇集団「安部公房スタジオ」を結成、独自の演劇活動でも知られる。海外での評価も極めて高く、1992(平成4)年にはアメリカ芸術科学アカデミー名誉会員に。1993年急性心不全で急逝。


 前衛的で実験的、超現実主義と言ってもいい作風。共産党に入党経験があり、マルクス主義が教養の一部となっているようです。ただし、ライナー・マリア・リルケ、マルティン・ハイデッガー、その他実存主義の影響を受けていると言われ、作品群の鑑賞・解釈は一筋縄に行かない面がある。ノーベル文学賞の有力候補者だと言われていました。



リアルから超現実への転換

 「私」が、六月のある雨上がりの日曜日、駅前のデパートの屋上で、二人の子供を子守りをしながら、街を見下ろしている。「私」の気持ちは、うっとりと、少々後ろめたい楽しみを感じながらぼんやりしている。ただ、湿っぽさのせいか、子供たちに対して妙にいらだたしく腹を立てていた。事件は、上の子の「父ちゃん」という声から逃げるようにデパートの屋上から上半身を乗り出した時に起った。「私」はふわりと体が宙に浮き、墜落し始め、一メートルほどの真っ直ぐな太からず細からずの一本の棒になって、道に突き刺さった。


リアルから超現実へ転換する。

 そこへ三人の登場人物が現れる。「先生」と二人の「学生」。「先生」は穏やかそうで、つけ髭で威厳を保つ虚栄心を持つ人で、「学生」は二人とも学生服を着て度の強い眼鏡をかけている。いわば典型的な「先生」「学生」としてデフォルメして描かれている。「先生」の付け髭は、世の「先生」と呼ばれている人の見せかけの権威主義への揶揄になっているのか。また、「学生」二人は、「背丈から、顔つきから、帽子のかぶり方まで、まるで双子のように似通っていた」とされ、後の「同じことを違った表現で言っている」につながることとなる。つまり、同じ事実も見方によって正反対の結論を導くことになるという寓意となっているようだ。


棒とは何か?

〈棒〉という言葉は、一般的には次のような使われ方をする。

・棒に振る…苦労や努力を無駄にする。

・片棒を担ぐ…悪事に加担する。

・犬も歩けば棒に当たる…何か始めようとすると災難に遭う。


 このように肯定的な寓意としては使われることが少ない。ここではデパートの屋上から落ちてきた棒の特徴が次のように書かれている。

・手垢がしみ込んでいます

・すり減っています

・人に使われていた

・乱暴な扱いを受けていたようだ


 低賃金で、長時間、しかも、権利も無視されてこき使われ、未来も見通せない人々。「棒」は、左翼知識人の考える資本主義社会の労働者・無産階級の寓意なのだろう。決まった時間に満員電車に乗り、同じような服装で、工場のラインで同じ作業をさせられ、組織の歯車の一つとして自主性も主体性も認められず長時間働かされる。休日には家族サービスをするような誰もが同じような似たり寄ったりの生活をつづけ、平凡なだけが取り柄で、文句も言わず便利に酷使され続けているだけの存在。

 チャップリン名作「モダンタイムス」ではそれをコメディーとして表現している。

 「棒」は現代資本主義社会で生きるしかない私たちの宿命であり、その人間疎外に注目されたり改善されたりするはことなく、すてられたままだ…ということだろうか?ただ、一昔前のソ連・中国共産主義のアジ・プロ文学作品だと割り切れない、多面的で複雑な解釈をさせる小説でもある。


棒(安部公房)問題 へ


安部公房「棒」 解答/解説

問1

 1解答例…デパートの屋上から夢中で街を見下ろす行為。

 2解答例…子供たちへの腹立たしさと、日常生活への(うっとうしく逃れがたい)苛立ち。


問2 解答例

 B…帰ろうとしない父親をせきたてる気持ち 


 C…父親の異変を目にした驚き。 (父親が屋上から墜落し棒切れになった「異変」。)


問3解答例…歩道と車道の間の溝のくぼみ


問4解答例…死者の生前のあり方を分析し、判断して処罰の方法を決めること。


問5 誰かに使われていたこと


問6 棒には新しい発見は何もあり得ないこと。


問7 置き去りにすること


問8解答例…世の中には「私」のような父親の存在は珍しくなく、「私」が棒以外の何者でもない限り、その子供たちはつねに迷子に等しい存在であること。


棒(安部公房)問題 へ



安部公房の他の作品

 ↓ ↓ ↓ ↓ 

赤い繭(安部公房)もっと深くへ !

鞄(安部公房)もっと深くへ !




高校国語学習支援サイト】向け



















コメント