檸檬(梶井基次郎)1/2  もっと、深くへ!

 

「檸檬(れもん)」 本文は こちら から

「檸檬(れもん)」 本文 窪田等による朗読は こちら から


要約すると

 不吉な塊の影響によって心惹かれるものが以前とは異なって、みすぼらしくて美しいもの、しかも、贅沢なものとなった。ある日、私の一番好きな店である果物屋で足を止めたのだが、その家が美しいのは夜だった。


【長江春芳さん作】梶井基次郎「檸檬」
2021/02/15

「私」を追体験する
 この小説、ここから人生の指針や生きる励ましや教訓などを読み取ろうとしても無意味、そんなタイプの作品だと考えたほうがよいと思います。そういう読み方をしていくと意味不明 に陥ることになるでしょう。この作品、もともとそのようなものを書こうというモチベーションは皆無といえます。もっとも、どんなことからも教訓を得ることができるといえば、それ まで否定しませんが…。
 ふつう、人生上の教訓や指針を得るためにモーツアルトを聴いているのではないでしょう。それではなんのため聴くの…?


 死に至る可能性の強い病(肺尖カタル)を得、借金返済を迫られ、さらに鉛そのもののようにずーんと重い気持ちから逃れられない、そのためなのか、それまで好きだった、洗練され技巧が尽くされた音楽も詩も我慢がならなくってしまう。いたたまらなくて、放浪することとなる。そんな現実の私を忘れさせてくれるものは… と書かれている心理、境遇、行動、風景、イマジネーションを受け入れ、自分も「私」に付き合い、「私」を可能な限り追体験することに意味があります。モーツアルトを聴くように、じっくりと読み味わってみてください…最後に「檸檬爆弾」の爽快さを感じながら、「活動写真の看板画が奇体な趣きで街を彩っている京極を下って行」くことができたら、この小説を本当に読んだことになります。
 

「檸檬(れもん)」 本文は こちら から

「檸檬(れもん)」 本文 窪田等による朗読は こちら から







檸檬1/2 解答(解説)

問1 解答例…厳しく返済を迫られ、その処理に苦慮しなければならないような借金。(「背を焼くような」は直喩。背中にやけどするような痛みを覚える、それ似た苦痛をもたらす借金。厳しく返済を迫られる、けど、返済する当てがない、ますます厳しく迫られる、そのスパイラルに苦しむ「私」。)

問2 
 1)解答例…花火の火花の色・形(や破裂音)のことはあとまわしにして。

 2)解答例…花火そのものの美しさは華麗であり、よそよそしい美しさに属するので。(「花火そのもの」は「以前私を喜ばせた…美しい音楽…美しい詩」と同種のもの。ニ段落の、「表通り」=「よそよそしい」VS.「裏通り」=「親しみのある」のアナロジーと考えればいいでしょう。)


問3 以前私を喜ばせた美しい音楽、美しい詩
(直後の段落で、これらと同じような性格を持つものとして、丸善においてある小物や画集などを話題にするという展開。第一段落に「辛抱がならなくなった」と述べてあります。)

問4 解答例…電灯の光が周囲が暗いためいっそう明るく見え、店頭を絢爛と照らし出している眺めの美しさ。(35字。)


問5 それがどう(二つ前の文頭にあります。)



a.Q1 解答例…現実の私自身を見失うのを楽しむため。

a.Q2 以前「私」を喜ばせた美しい音楽や詩。(18字)











 

 


コメント